2
岐阜県瑞浪市立 陶小学校
Sue Elementary School
| 地図 |
活動紹介
ホーム
学校紹介
H29年度学校運営構想
行事予定
活動紹介
H29年度
1学期
2学期

3学期
学校報「陶苑」
リンク
陶小H29年度スタート! 平成29年4月7日(金)
着任式・始業式・入学式
〜全校児童111名で創る「す・え」〜
全校児童111名、3つ並んだ「111」は陶にある3つの世界一を表しています。
1つは「世界一のこまいぬ」 2つめは「世界一の茶壺」そして、3つめは「陶小学校」です!
「す」進んですんで行動・「え」笑顔いっぱい陶小学校にして、自分にとって一番大切な学校にしよう。(始業式校長挨拶より)


【満開の桜と陶小学校】

【新入生15名の入学を祝う入学式】


【世界一のこま犬の街 陶町の子どもたち】

第44回追跡ハイク 4月16日(日)
〜地域の自然や歴史を知る 子ども会に団結の輪を 積極的に子どもと活動〜

 満開の桜が咲き誇る中、第44回追跡ハイクが実施されました。先生チームを含めた14の子ども会チームが参加しました。親子で陶の街を歩きながら、陶のことを知り、団結の輪を確かなものしていきました。先生チームも優勝を目指して頑張りましたが、子どもたちの団結力と知恵には及びませんでした。
 優勝は「太陽子ども会」でした。翌日の全校朝会でも、優勝を称え、全校で拍手で祝福しました。

【先生チームも頑張りました・・・】【陶の街を歩きども会の団結力を高めました】

【企画運営をした陶子連役員の方々】

す・えっ子
陶小全校111人で焼き物をつくろう!
陶の文化、産業を学び、陶を大好きになろう。
4月17日(月)第1回全校朝会
 今年度、陶小学校は金銭教育研究校として、「自分で考え判断して生活できる子」〜人・もの・お金の大切さが分かり、感謝や自立の心を高める授業の工夫〜を目指しています。
 また、来年度からは旧陶中学校への校舎移転が計画されています。
 この2つの課題を子どもたちにとって意味のあるものとするために、全校で取り組む活動を全校朝会で提案しました。
 陶といえば陶磁器です。町の名前となっている「陶」を生かし、全校児童111名で焼き物をつくります。粘土での作品づくりを通して、陶の文化、産業を学びます。地域の方からも陶のお話を聞きながら、自分で作品をつくりながら、陶を大好きになってほしいと思います。
 こうした取り組みの記録(記憶)は、新校舎へ移転しても、子どもたちや地域の方に受け継がれていくと期待しています。
 そうした願いを込めて、各学年の焼き物題材を全校朝会で提案しました。出来上がった作品は陶小学校に展示する予定です。
 陶小学校の子どもたちが、笑顔になること、進んで取り組むことを願っています。

【全校朝会で子どもたちに構想を 【動物万歳】5年の題材を紹介しました
提案しました】


笑顔になれる陶小学校!
〜1年生を迎える会 4月20日〜 

 1年生の子が来るのを楽しみにしていた陶小学校のお兄さん、お姉さんたちです。
 「陶小学校は楽しいところだよ!」「みんなでやると何でも楽しいよ。」「みんなで1年生の子たちに親切にするよ。」
 全校児童がじゃんけんゲームで1つになりました。陶小の良さは、みんな親切で笑顔があふれているところです。

【全校で1年生を迎えました】

参加率100%!〜PTA総会・授業参観〜
〜授業参観・PTA総会・懇談会 4月23日〜 

 4月23日(日)に開催された授業参観、PTA総会は、参加率が100%でした。保護者の方の教育に対する関心の高さを感じました。 第1回の授業参観では、子どもたちが主役の授業や保護者が参加するスタイルでの授業が行われました。
 懇談会では、学習の手引きをもとに、家庭学習の在り方などの説明をしました。また、今年度は、金銭教育研究校として11月30日の発表会に向け、家庭、地域を巻き込んで陶の文化や地場産業について学んでいきたいと考えています。

【6年生音楽の授業参観】
【4年生、親子で【4年生、親子で参加の授業参観】
明日からゴールデンウィークです
〜4月28日、陶小学校の朝〜 
 明日から大型連休が始まります。交通安全などに気をつけて生活させたいです。家庭学習も計画的に行うことで成果を出せるようにしたいです。
 今朝はとても天気が良く、校庭の脇に咲く八重桜も満開です。子どもたちは元気にグランドで遊んでいます。家庭訪問は5月2日までの予定です。


【満開の八重桜が青空に映える】


【休み時間の遊び】 【寸暇を惜しんでサッカー】

自分の命を守るドライバーとのアイコンタクト!
自分の目で安全(危険)を確認することを学んだ交通安全教室 H29.5.
交通安全教室で自分の命を守ることを学びました。

H29.5.2 陶小学校交通安全教室
交通安全協会、交通指導員、警察官の方々をお招きして、交通安全教室を開催しました。
横断の仕方は、自分の目で安全(危険)を確かめるアイコンタクトの大切さを学びました。ドライバーの目を見ることで、危険を回避することができます。安全は人任せにしないで、自分自身の目で確認するようにすることが大切です。

 交通安全教室の成果か、本日の下校はとても上手でした。

【旗は目立つように掲げます】 【地域の方の見守りに感謝】

交通安全教室に引き続き、5年生は自転車の安全教室を行いました。自転車に乗って事故に遭い大怪我をすることもありますが、それ以上に、人に怪我を負わせることもあります。(加害者にも被害者にもなる恐れがあるのが自転車です!)
 自転車に乗るときは、
必ずヘルメットを着用し、自分の身を守るようにしましょう。また、ヘルメットを着用しないでの自転車に乗ることはとても危険な行為です。慎みましょう。

【自転車の事故をなくせるように!】
笑顔いっぱいの陶小に

学校は笑顔があふれているところです。自分の思いを自由に伝えられるところです。
大きな声で気持ちの良いあいさつが響き、気兼ねなく思いっきり楽しめるところが学校です。29.5.14
そんな陶小学校をみんなでつくっていこう。
【H29.5.12全校朝会より】

金銭教育「焼きもの」自主研修会 H29.5.14

金銭教育としての「焼きもの」づくりに向けて動き出しました。若手職員が陶芸作家の
保母さんのアトリエを訪ね「焼きもの」づくりの本質を学びました。充実した研修でした。

第1回PTA資源回収 H29.5.14

みんなが力を合わせ資源回収!

〜1年生地域粘土題材〜 「はったりつけたり粘土でワニ」 

地域題材の「焼き物」を通して全校で学ぶ「金銭教育」。地域の作家さんをお招きして1年生の図工の授業を行いました。
与左衛門窯の方や多くの保護者と一緒に行った粘土の授業「はったりつけたり粘土でワニ」はとても楽しかったです。
参観された保護者の方は、我が子だけでなく多くの子と関わりることができました。【H29.5.25 1年生図工授業】


1年生がつくった粘土でワニ 粘土をはりっけたりしてできあがったワニワニワニ
U期のめあて「自分の役割を」

 
「毎日を大切にすることが特別な一日を輝かせる」「一人一人良さがある仲間」
「自分にはできることもできないこともある」「自分から求める」「自分らしさを大切に」
地域素材の粘土「焼き物」で自分らしさを思いっきり表現してみよう!【H29.5.29全校朝会より】

5月31日(水)6年生研究授業公開
「自分のお金の使い方を見直そう」
学級活動(金銭教育)

金銭教育の一環として、6年生が研究授業を行いました。「自分のお金の使い方を見直そう」とうい題材で、物や金銭の大切さに気付き、計画的な使い方を考えることができるようになることをねらいとした授業でした。
 6月9,10日の修学旅行に向けて、買い物の計画を立て、教室に準備した模擬店で予算内で買い物をしました。満足できる買い物をするために、渡す人に合った品物選びや商品の比較等、計画的に買い物ができるための学習をしました
 6年生の姿はとても勢いがあり、笑顔で学習できました。また、他の人のことを思いやりながら活動できており、講師である東濃教育事務所の主事や瑞浪市教委の方も、6年生の姿を大変褒めてみえました。


5年生地域粘土題材
「生きもの動物バンザイ!」


地域題材の「焼き物」を通して全校で学ぶ「金銭教育」。地域の作家さんをお招きして5年生の図工の授業を行いました。
「生きものバンザイ!」という粘土の題材で、動物が生き生きとしている様子を表した5年生。生きる喜びを感じることを粘土題材で味わった
子どもたちです。この作品は現代陶芸美術館で8月に開催される「大地の子どもたち展」に出品します。【H29.6.15 5年生図工授業】

4年生地域粘土題材「動物のすむ器」

地域題材の「焼き物」を通して全校で学ぶ「金銭教育」。地域の作家さんをお招きして4生の図工の授業を行いました。
器の中や外に様々な動物がすんでいる様子を楽しくつくることができました。これだけたくさんの粘土を使った経験は
初めてでしたが、夢中になってつくっていくうちに動物がどんどん増えていきました。【H29.6.16 4年生図工授業】

〜中馬街道〜 陶磁器を馬で運んだ道

馬で陶磁器を運んでいたことから名前が付いた「中馬街道」陶の歴史や文化を学んだ6年生
「陶町明日に向かって街づくり推進協議会」(長谷川孝夫会長)に案内され中馬街道を散策
与左衛門窯が制作した陶製の看板を取り付けました。【H29.6.16年生総合的な学習】

瑞浪市少年の主張大会 「笑顔あふれる陶町に」

「陶をいいと思ってもらえるよう、私もお囃子を頑張り、地域の行事に積極的に参加したいです。あいさつをして笑顔あふれる陶町にしたいです。」【H29.6.18 】
連れ去り防止教室 〜自分の命を守るセーフティー5〜

@一人にならない Aついていかない B大声を出す C近づかない D話をする
緊急時は迷わず110番に電話を!
岐阜県警連れ去り防止教育班 たんぽぽ 【H29.6.19】
 
すごいぞ陶!
〜全校朝会〜 「すごいぞ陶!」 加藤輔之議員   H29.7.3




陶の素晴らしさを地元市会議員の加藤輔之先生に熱く語って頂きました。かつての陶磁器産業の勢いは、瑞浪市の経済を支えていました。現在でも有名ブランドの陶磁器製品の多くを陶が作っています。こうした陶の歴史や文化、産業を誇りに思い、地元の伝統であるお囃子などで皆さんの力を発揮していってほしいと思います。「すごいぞ陶!」
飛び出すお皿
〜3年生粘土製作〜 H29.7.10

多くのお母さんたちに一生懸命作る姿を見てもらいました
円形のお皿から生きものが飛び出しているようにつくりました。デザインを自分で考え、生き生きとした作品をつくることができた3年生でした。
〜私のこま犬世界一〜
6年生地域粘土題材 【H29.7.14】


 地域粘土題材の最後を飾り、6年生が「私のこま犬世界一」に取り組みました。
粘土約5kgを使い、自分にとって世界一のこま犬をつくりました。街づくり推進委員会の方など多くの方に授業を参観してもらいました。その様子は、中日新聞、岐阜新聞、毎日新聞などにも掲載されました。



© Sue Elementary School

活動紹介

newpage1.htmlへのリンク